ものがたり(1)

わたしたちの師である、精神学協会の会長積哲夫の著書である『最終知識』や『光文書』「死んだらチャンネル」で語られている内容、そして精神界から送られている情報は、全て『神理』であり宗教とは全く違う「法則と再現性」を有する「理」であるとわたしは理解しています。

 
お役目として霊能士の妹と活動を遂行する中で、現象面で起きた出来事やお話などをお伝えします。
妹とわたくしの姉妹は、性格も好みも全く正反対。
それが、神霊士としての働きに生かされるとは思いもよらないことでしたが、違っていることが功を奏して、姉妹だからこその利点を生かし、神霊士としてのお役目を全うすることを誓い、人生最後のお役目と覚悟をもって臨んでいます。
妹は霊能士として優れた能力を発揮しつつ、神霊士の審神者(さにわ)的役割をこなし、
依頼事全てに、神霊士と霊能士の二人が、お互いに能力を発揮しつつ誠心誠意取り組む様子を映像や音声でお伝えしていきます。